「バーレーン考古学調査団・調査発表会」の実施

2019/2/12
 平成31年2月1日、日本バーレーン考古学調査団による遺跡現地見学会が実施されました。
 同調査団は文部科学省科学研究費補助金により、2014年度より、当地文化・古代遺跡庁の協力を得て、ワーデイー・アッ=サイル古墳群(紀元前2200~2050年頃)の発掘調査を行っています。
 また、6日には、国立博物館で、5年間の調査成果の発表を、11日には、バハレーン日本人学校で、児童生徒向けに考古学の授業を実施しました。